スキャナー技術で世界を変える|ニューリー株式会社

  • 日本語
  • English
  • 中文

ワークライフバランスの取り組みについて

wlb_mark

ワークライフバランス(WLB)の一環として職場風土の改革に計画的に取り組んでいます。男女を問わず育児休業制度や介護休業制度を取得し従業員が両立して働き続けられ、その能力を発揮できるように取り組みをしています。
WLBプロジェクトを立ち上げ、各自が考えるワークライフバランスについて討議し理解を深めています。
そしてプロジェクトでまとめた内容を社内展開しています。
また、毎月の定例会議や社内報の掲載を行い、よりよい職場風土を目指し取り組みをしていきます。

代表取締役 新井 慎也

一般事業主行動計画 目標

弊社では、「働く上の安心感」と「仕事と家庭の充実」を得るために、下記の「一般事業主行動計画 目標」を策定いたしました。
この目標達成のため、トップ(経営者)によりワークライフバランスに取り組む姿勢を明確に示し、社員のモチベーション戦略として組織全体の意識改革を促し、各種制度改善や対策に取り組みます。

一般事業主行動計画 目標

目的:「働く上の安心感」と「仕事と家庭の充実」を得るために、下記の行動計画を策定する。

<目標達成のための取組み>
目標達成のために、トップ(経営者)によりワークライフバランスに取り組む姿勢を明確に示し社員のモチベーション戦略として組織全体の意識改革を促すものである。
計画期間:平成29年1月1日~平成31年12月31日までの3年間

目標1 意識啓発を行い全社員に浸透させる
<対策>
2ヶ月に1回発行している社内報に掲載し情報を提供する
ワークライフバランスに関するアンケートを実施する
目標2

計画期間内に年次有給休暇の取得率を5%以上UPさせる
<対策>
計画的付与日の設定(全社一斉や部署別)を行い、取得率を上げる
取得状況をとりまとめグラフにして取得促進の取組みを行う

目標3 地域貢献の一環として会社見学や職場体験の場を提供
 <対策>
学生のインターンシップに対する就業体験の機会を年1回以上提供
地域の小学生や中学生の会社見学を年1回以上実施
目標4 家族を招いた交流、社員同士のコミュニケーションのための交流会を実施
<対策>
交流の場を年1回以上提供し働きやすい職場環境をつくる

次世代認定マーク「くるみん」2回目の認定を受けました!

2009年に続き2013年3月5日「次世代育成支援対策推進法」に定められた基準を満たし、目標を達成したことにより、厚生労働省から次世代育成支援企業として2回目の認定を受けました。

今後も、仕事と育児の両立は企業の社会的責務であるとの考えのもと、女性に限らず男性も育児に協力し合えるような職場環境づくりを目指していきます。

kurumin_mark

認定取得企業に使用が認められる表示マーク
(愛称「くるみん」)

 

次世代育成支援対策推進法

急速な少子化の流れを変え、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境整備を進めるために、企業に雇用環境や労働条件の整備を義務付ける法律。
従業員数に応じて、従業員の仕事と子育ての両立を支援するための一般事業主行動計画を策定し、都道府県労働局に届出ることが義務づけられている。

 次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画について(厚生労働省サイト)

「京の子育て応援企業」として京都府より認証を受け活動の充実を図っています

2008年3月27日、弊社での仕事と子育て両立支援の取り組みについて評価いただき、「京の子育て応援企業」として京都府より認証を受けました。

安心して出産・育児ができる職場環境づくりを目指した各種規程や制度の導入及び推進に努めてまいります。

mark

【認証マーク】

「京都モデル」子育て応援中小企業認証制度

会社の実情に合った仕事と子育ての両立支援策を積極的に導入できるよう京都府が創設した制度

京都府子育て応援企業表彰はこちらから(京都府サイト)

「ポジティブ・アクション取組企業」として登録されました

2008年12月25日 財団法人21世紀職業財団の主催する「ポジティブ・アクション取組企業」に登録されました。
企業における女性の活躍推進の取り組みが認められました。

ポジティブ・アクション応援サイトはこちらから

くるみんポスター

「くるみん」認証を社内に浸透、展開するためにWLBプロジェクト内でキャッチを募集、ポスターにして掲示しています。

【写真左:イクメンリレーポスター 写真右:くるみんマーク紹介ポスター】

ryouritsu01